主夫日記

【価値観が変わる1冊】限りある時間の使い方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

最近読んだオリバー・バークマン著の「限りある時間の使い方」が価値観の根底からぶん殴ってくる本であり、とても強烈で面白かったです。

一般のタイムマネジメントの本とは一線を画す本で、新しい時間の概念を得られた本でした。

平均的な人生は4000週間です。
この限りある時間をどう生きるのか?

「重要な問題から逃げてしまう」、「集中力が続かない」、「いつか何かになれば・・・」と考えてしまう人にお勧めであり、その原因と考え方が紹介されています。


限りある時間の使い方

「時間」の定義から間違えている?

本書では「時間を使う」という概念に疑問を呈しています。

私達も日常的に「時間がある」や「もっと時間を有効に使おう」と言いますが、それは「時間」を「使えるもの」、「自分である程度コントロールできるもの」と考えているということです。

しかし「時間」というのはそうではない。使えるものでもないし、コントロールできるものではないと論じています。

そしてこの「時間は使うもの」とういう考えが、現代人の多くに弊害をもたらしている要因であるというのです。

時間に対する価値観を根底から揺さぶられます。

現代人が抱える多くの弊害について

本書の後半は「時間を有効に使って効率よく行動しよう」、「常に自分を高めよう」などの目標志向や未来志向の考え方をバッサリ切り倒していきます。

そのように考えることで「時間を有効に使う」ことでいつか「完全無欠な自分」に出会える。

そこからが本当のスタートであり、本当の自分である。

そう自分に言い聞かせて。目の前の現実や重要な問題に取り組むことをしない。
スマホやSNSで気を紛らわせて、現実を直視しない。

生産性の向上や成長以外の時間の使い方は怠惰として受け入れない。

そのような考え方をする現代人に「限りある時間の使い方」を指南してくれる本となっています。

これを読めば、時間の使い方が劇的に上手くなるとは思いませんが、非常に勇気を貰える本です。

私も新規開業や個人事業でやっていく中なので、不安も大きかったのですが、その不安を受け入れ、一歩ずつ自分のできることをやっていこうと思わせてくれた本です。

Amazon(Kindle版)ではこちらから購入できます。


限りある時間の使い方

楽天ではこちらから購入できます。

限りある時間の使い方 [ オリバー・バークマン ]

価格:1,870円
(2023/8/8 11:12時点)

https://paparapper-childcare-money.com/why-you-take-smartphone-everytime/

応援クリックお願いします